浄智寺

鎌倉には鎌倉五山というのがある、

第一位から順に

建長寺円覚寺寿福寺浄智寺浄妙寺

鎌倉五山だ。

今まで何度か訪ねてる寿福寺は第三位、

 

今回紹介するのは鎌倉五山第四位の浄智寺

f:id:somarimin:20210711153643j:plain

東慶寺の先、

北鎌倉駅から鎌倉方面に歩いて8分程のところにある。

f:id:somarimin:20210711154046j:plain

 

浄智寺に行く前、

山門の手前に

小さな池がある

f:id:somarimin:20210711154443j:plain

 

そこに甘露の井というのがある、

f:id:somarimin:20210711154648j:plain

 

これは鎌倉十井のなかの一つ。

f:id:somarimin:20210711154719j:plain

鎌倉十井とは→こちら

どうやら、鎌倉の観光名所であり

浄智寺名物のひとつらしい。

下の説明文にも甘露の井の事が書いてある。

f:id:somarimin:20210711155449j:plain

 

そこから風情ある苔むした階段を上り

f:id:somarimin:20210711154412j:plain

 

山門を抜けると
f:id:somarimin:20210711160037j:plain

拝観受付があり、

 

その先にまたも風情ある階段が

f:id:somarimin:20210711160414j:plain

 

 この階段は写真家などが好んで写す階段だそうで

f:id:somarimin:20210711180638j:plain

鎌倉を代表する風景の一つだとか。

なんか分かる気がする、

この風情、

春この階段の両脇には

シャガが咲き乱れるそうなので、

次はその季節に来たいな^^。

 

そんな階段を上ると鐘楼門

f:id:somarimin:20210711160533j:plain

この鐘楼門、唐模様で鎌倉では珍しいんですって、

しかも名前の通り、

鐘つき堂合体の門ってのも珍しいよね。

 

そんな門を抜けると

大きなビャクシンの木がある境内に

f:id:somarimin:20210711163525j:plain

 

本堂、曇華殿(どんげでん)

f:id:somarimin:20210711160839j:plain

 

御本尊は室町期作の木像三世仏坐像で県指定の重文。

f:id:somarimin:20210711160903j:plain

にお参りし、

 

案内に従って

f:id:somarimin:20210711163801j:plain



進むと

f:id:somarimin:20210711163659j:plain

 

 

大正13年に建てられた

茅葺き屋根が美しい書院。

f:id:somarimin:20210711164236j:plain

 

その後ろに大きなコウヤマキという大木が

f:id:somarimin:20210711164019j:plain

 

f:id:somarimin:20210711164104j:plain

 

そのそばに

苔むした子供を抱く観音様に心癒やされ

f:id:somarimin:20210711164117j:plain

 

ながら進むと

f:id:somarimin:20210711164337j:plain

 

竹林

f:id:somarimin:20210711164607j:plain

 

f:id:somarimin:20210711164632j:plain

 

竹林の側面は山になっていて

f:id:somarimin:20210711164644j:plain

 

これまた鎌倉特有のやぐらが

f:id:somarimin:20210711164941j:plain

へぇ~、やぐらってこういう風に使われていたのね、

あたし、なんかやぐら好きなのよねぇ~^^。

 

f:id:somarimin:20210711165153j:plain

f:id:somarimin:20210711165201j:plain 

f:id:somarimin:20210711165215j:plain 

f:id:somarimin:20210711165228j:plain 

f:id:somarimin:20210711165254j:plain

 

タヌキの置物も。

f:id:somarimin:20210711165422j:plain

なんだろう?と思って

後で調べてみたら→こちら

そういう事かぁ。

 

こうゆうのもあるし

f:id:somarimin:20210711165241j:plain

由緒正しいだけじゃなく

優しいお寺だな 。

 

って思っていると

突然このようなトンネル

f:id:somarimin:20210711171239j:plain

 

このトンネルをくぐると布袋様に会えるのね、

f:id:somarimin:20210711171839j:plain

 

矢印の指示に従い

f:id:somarimin:20210711171852j:plain

 

お墓の前を通り過ぎると

f:id:somarimin:20210711171910j:plain

 

やっぱり鎌倉

やぐらの中にいました

f:id:somarimin:20210711172047j:plain

 

鎌倉七福神の一つの

f:id:somarimin:20210711171937j:plain

 

鶴瓶みたいな顔をした

布袋様が

f:id:somarimin:20210711172000j:plain

お腹を撫でると御利益があるとされいるそうです。

 

布袋様を見に行くときはトンネルを通らないと

見られないのかと思ってましたが、

帰り道、出てきたトンネルを見て気が付きました、

f:id:somarimin:20210711172753j:plain

トンネルは山(岩)をくり抜いた

ショートカットだったって事に。

 

その山(岩)を真横から見たところ(↓)

f:id:somarimin:20210711173114j:plain

鎌倉はこの様な山(岩)が多いから

やぐらが出来たんだなって。

上の建物は右側が茶室で

左側が御朱印受付の書院で

 

最初に見た

茅葺き屋根の書院と繫がっていて

f:id:somarimin:20210711174323j:plain

 

その反対側 

f:id:somarimin:20210711174439j:plain

 

書院から見た庭の景色、 

f:id:somarimin:20210711174515j:plain

 

こうゆうの落ち着く。

f:id:somarimin:20210711174533j:plain

日本って美しいって思う。

 

出口の門、

f:id:somarimin:20210711174809j:plain

 

三つ葉

f:id:somarimin:20210711174758j:plain

鎌倉は徳川家の庇護の元、

再建された寺院が多いというから

浄智寺もその一つなのかな。

 

そんな浄智寺にも紫陽花が

f:id:somarimin:20210711180157j:plain

 

 

可憐に

f:id:somarimin:20210711180241j:plain

 

 

咲き誇っていた。

f:id:somarimin:20210711180230j:plain

 

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*☆

浄智寺御朱印

f:id:somarimin:20210717042953j:plain

 

jochiji.com

 

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

東慶寺

6月5日、北鎌倉へ行きました。

鎌倉は何度も行ってますが、

実は北鎌倉の地へ足を踏み入れるのは

今回が初めて。

f:id:somarimin:20210711115216j:plain

北鎌倉デビュー。

 

この日は

円覚寺浄智寺東慶寺

3つのお寺を訪ねました。

 

そんな中、まず紹介するのは東慶寺

 

東慶寺

北鎌倉駅から鎌倉方面へ向かって

歩いて4分ほどのところにある。

f:id:somarimin:20210711120911j:plain

f:id:somarimin:20210711120902j:plain

 

山門

f:id:somarimin:20210711121524j:plain

 

山門を抜けると 

左に鐘楼

f:id:somarimin:20210711123117j:plain

 

右に寺務所。

f:id:somarimin:20210711121758j:plain

門を開け、中に入り

御朱印はこの寺務所で頂ける。

f:id:somarimin:20210711121924j:plain

 

その先、紫陽花咲く参道

f:id:somarimin:20210711123205j:plain

 

その正面に金仏

f:id:somarimin:20210711123253j:plain

 

その手には梅の実が

f:id:somarimin:20210711123817j:plain

 

きっと寺務所の庭に

f:id:somarimin:20210711123921j:plain

 

落ちていた梅の実かも、

f:id:somarimin:20210711123958j:plain

 

金仏の奥には花菖蒲と

f:id:somarimin:20210711124027j:plain

 

茶室の白蓮舎

f:id:somarimin:20210711124117j:plain

 

本堂

f:id:somarimin:20210711124255j:plain

 

本尊、木造釈迦如来坐像。

f:id:somarimin:20210711124350j:plain

 

本堂手前の新緑は垂れ桜だとか、

f:id:somarimin:20210711124646j:plain

清楚な佇まいの本堂、

桜の時期も美しいと想像できる。

 

松岡宝蔵

f:id:somarimin:20210711125536j:plain

f:id:somarimin:20210711125541j:plain

ここでは鎌倉一美しいと言われる

水月観音半跏像が見られるとの事、

でも、18日の日じゃないと見られないんだって。

って、本当に美仏、→ こちら

一度実物見てみたい。

 

 

そんな境内の先にはお寺なので墓地があるのですが、

墓地に入るとすぐに

皇室ゆかりのお墓が

f:id:somarimin:20210711130527j:plain

後醍醐天皇皇女

用堂女王のお墓がこの階段の上に。

 

そしてこれがそのお墓、

f:id:somarimin:20210711131647j:plain

やぐらのお墓、いかにも鎌倉らしい。

この用堂女王のお墓は

手前の木の周りから柵で囲われいていて

f:id:somarimin:20210711134136j:plain

宮内庁が管理している場所だから

入っちゃダメなんだってさ。

 

そのそばには仏像があり目を引く

釈宗演という人のお墓

f:id:somarimin:20210711132330j:plain

釈宗演という人は

廃仏毀釈で荒廃していた東慶寺の再建に

多大な貢献をした人物だとか。

だから仏像を建てて祀っているのかぁ~納得。

 

その他、このお寺には

有名な哲学者、仏教学者、作家、日本画家、文芸評論家のお墓が

いくつかあることで有名なんだけど、

→ こちら

 そうは言われましても知らない人ばかり

だけどぉ~、

わたしでも分かる人のお墓を発見、

f:id:somarimin:20210711135033j:plain

岩波茂雄

岩波書店の創設者のお墓だって。

岩波文庫でしょ、知ってる、知ってる。

だから、どうもぉ~♪って頭を下げてきた。

 

そんな東慶寺は境内を抜けると山になっていて

f:id:somarimin:20210711135535j:plain

 

木々が生い茂っている

f:id:somarimin:20210711135919j:plain

 

その中にお墓がある。

f:id:somarimin:20210711140744j:plain

f:id:somarimin:20210711135834j:plain

 

しかもこの時期は新緑の時期なので

f:id:somarimin:20210711140728j:plain

 

本当に美しい、

f:id:somarimin:20210711135751j:plain

 

お墓でマイナスイオン感じる清々しさ(笑)

f:id:somarimin:20210711135657j:plain

 

新緑と

f:id:somarimin:20210711142308j:plain

 

苔と

f:id:somarimin:20210711140024j:plain

 

紫陽花、

f:id:somarimin:20210711142358j:plain

なんとも美しいお墓を堪能しました。

 

最後に紫陽花の葉っぱの間に

f:id:somarimin:20210711143619j:plain

 カエルちゃん見ぃ~けっ。

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*☆

東慶寺御朱印

f:id:somarimin:20210717042141j:plain

 

tokeiji.com

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

谷保天満宮@紫陽花

6月12日の日は紫陽花園もあるという情報を得ていたので

高幡不動尊の他に谷保天満宮にも行きました。

f:id:somarimin:20210626131546j:plain

f:id:somarimin:20210626131559j:plain

 

この日着いて一番に

出会ったのは黒ちゃん。

f:id:somarimin:20210626131703j:plain

 

黒ちゃん会いたかったよぉー。

f:id:somarimin:20210626131734j:plain

などと、言葉を交わし

 

この日は

「紫陽花を撮りに来たからまた後でねぇ~」

f:id:somarimin:20210626131758j:plain

 

って、本殿が見える鳥居方面へ

f:id:somarimin:20210626132215j:plain

 

f:id:somarimin:20210626132236j:plain

 

ココが紫陽花園になっているだけど

f:id:somarimin:20210626132314j:plain

 

6月12日はまだちょっとだけ時期が早かったみたい

f:id:somarimin:20210626132342j:plain

満開に咲いたらこんな風景が見られるみたいだから→こちら

 

でも、それなりに紫陽花が楽しめた。

f:id:somarimin:20210626132431j:plain

 

f:id:somarimin:20210626132551j:plain

この拝殿裏の本殿のその後ろには

厳島神社がある

f:id:somarimin:20210626133110j:plain

 

この神社

鳥居が二重になっている

石の鳥居で二重になっているのって珍しい気が

f:id:somarimin:20210626133201j:plain

どんな由来があって二重になっているんだろう。

 

それと、弁天様なら池の真ん中に神社がるのは分かるけど

厳島神社なのに池の真ん中にあるのも珍しい気が。

f:id:somarimin:20210626133453j:plain

 

その池にはお決まりの錦鯉。

f:id:somarimin:20210626133649j:plain

って、ここまでは別に普通なんだけど、

池の説明の看板を読んで「えっ?」ってなった。

f:id:somarimin:20210626133859j:plain

ゴイサギは分かるよ~、

でも、ハシビルコウ、

えっ、ハシビルコウ(⦿_⦿)?!

 

あの動かないで有名なハシビルコウよね?

ハシビルコウって動物園にしかいないと思ってたけど??

こんな多摩地区にいるのぉーー!!

マジでぇーーーっ(⦿_⦿)!!

って、なった。

 

って、驚いたところで

拝殿に向かい矮鶏と挨拶を交わし

f:id:somarimin:20210626134244j:plain

 

お詣り

f:id:somarimin:20210626134339j:plain

 

f:id:somarimin:20210626134420j:plain

 

f:id:somarimin:20210626134440j:plain

 

垂直で水を飲む鳩の

f:id:somarimin:20210626134448j:plain

 

後ろにある澤乃井

f:id:somarimin:20210626134546j:plain

青梅の蔵元の有名なお酒だけど、

実はまだ飲んだ事がない、

今度飲んでみなくっちゃ。

って、ど~でもイイけど、

鳩、ずいぶん汚い水飲んでたのね(≧ω≦。)

 

鴨、

f:id:somarimin:20210626134855j:plain

 

黒ちゃんと兄弟な白ちゃん、

f:id:somarimin:20210626134900j:plain

と、戯れた後、

 

梅園へ

f:id:somarimin:20210626135013j:plain

 

春、満開だった梅の花がたわわに実をならせ

f:id:somarimin:20210626135027j:plain

 

熟れてたくさん落ちていた。

f:id:somarimin:20210626135147j:plain

 

f:id:somarimin:20210626135201j:plain

 

f:id:somarimin:20210626135216j:plain

 

f:id:somarimin:20210626135229j:plain

 

f:id:somarimin:20210626135240j:plain

梅園はほのかに熟れた梅の香りに包まれていた。

 

この日最初の約束通り

最後の最後にも黒ちゃんに会え、

f:id:somarimin:20210626135802j:plain

 

黒ちゃんが鳩に紛れて

f:id:somarimin:20210626135829j:plain

 

おばさんから餌を貰うのを

f:id:somarimin:20210626135856j:plain

見届ける事ができて良かった。

 

けど、あたしの頭の中にはf:id:somarimin:20210626135918j:plain

 

ハシビルコウが渦巻いていた。

 

マジでいるなら見てみたい (⦿_⦿)!!

 

www.yabotenmangu.or.jp

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

高幡不動尊@紫陽花2021

5月29日の境内の紫陽花は

まだこんな感じでしが

f:id:somarimin:20210606121846j:plain

 

 

10日ほど経った

6月12日の境内の紫陽花はこんな感じに。

f:id:somarimin:20210626064731j:plain

 

 

f:id:somarimin:20210626065111j:plain

 

 

6月も中旬になると

境内をはじめ

高幡山の紫陽花も

まだ色付く前で白だったのが

f:id:somarimin:20210606130017j:plain

  

 

ブルーに変わり

f:id:somarimin:20210626070958j:plain

 

  

賑やかな雰囲気に。

f:id:somarimin:20210626071105j:plain

 

 

その他、弁天池

f:id:somarimin:20210626071402j:plain

 

 

お稲荷さん

f:id:somarimin:20210626071425j:plain

 

 

大日堂

f:id:somarimin:20210626071448j:plain

 

 

この像は大日如来像なのかな?

f:id:somarimin:20210626071609j:plain

 

 

境内のあちこちに紫陽花が。

f:id:somarimin:20210626072601j:plain

 

 

***

 

一頻り境内の紫陽花を見渡したところで

お次はメインの高幡山の紫陽花を見に山の中へ

f:id:somarimin:20210626072958j:plain

 

入ってすぐに圧倒される

f:id:somarimin:20210626073035j:plain

 

この紫陽花の群れ

f:id:somarimin:20210626073045j:plain

  

紫陽花眺めながら階段を上る

f:id:somarimin:20210626073214j:plain

 

 

f:id:somarimin:20210626073229j:plain

 

f:id:somarimin:20210626073313j:plain

 

所々にあるお地蔵さんの周りにも

f:id:somarimin:20210626073321j:plain

 

溢れるほどの紫陽花

f:id:somarimin:20210626073328j:plain

 

紫陽花に覆われる

f:id:somarimin:20210626073258j:plain

 

お地蔵さん

f:id:somarimin:20210626115711j:plain

 

そんなお地蔵さんを眺めながら

f:id:somarimin:20210626073631j:plain

 

歩き続けると

f:id:somarimin:20210626073623j:plain

 

 

f:id:somarimin:20210626073806j:plain

 

開けた場所に

f:id:somarimin:20210626075841j:plain

 

広場になっていてその周りに

f:id:somarimin:20210626075924j:plain

 

たくさんの紫陽花が

f:id:somarimin:20210626080029j:plain

 

 

f:id:somarimin:20210626080040j:plain

 

 

f:id:somarimin:20210626080055j:plain

 

 

f:id:somarimin:20210626080105j:plain

 

 

f:id:somarimin:20210626080116j:plain

 

わぁ~お!

f:id:somarimin:20210626080130j:plain

花が地面に付いちゃってるよ(≧∇≦)

 

そんなこんなで

f:id:somarimin:20210626080217j:plain

 

去年にひき続き、

f:id:somarimin:20210626080244j:plain

 

今年も

f:id:somarimin:20210626080305j:plain

 

紫陽花を堪能させてもらった

f:id:somarimin:20210626080331j:plain

 

 

f:id:somarimin:20210626080337j:plain

 

 

高幡不動尊でした m(_ _"m)ペコリ♥

f:id:somarimin:20210626080343j:plain

 

www.takahatafudoson.or.jp

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

高幡不動尊@やまあじさい

高幡不動尊のインスタ

フォローしているんだけど

それでやまあじさいが見頃になりました。

と、5月28日に

高幡山のお地蔵さんとやまあじさいの

picがpostされたので

翌日早速高幡不動尊へ。

f:id:somarimin:20210606121649j:plain

 

 

参道の紫陽花は咲き始めでしたが

f:id:somarimin:20210606121846j:plain

 

普通の紫陽花より少し早く咲く

大日堂のカシワバアジサイは見頃を迎えていた。

f:id:somarimin:20210606122706j:plain

 

八重だからスノーフレーク

f:id:somarimin:20210606122740j:plain

 

 

このニコニコ地蔵や

f:id:somarimin:20210606123027j:plain

 

大日堂の付近に咲いていたあじさいたち

f:id:somarimin:20210606123142j:plain

 

f:id:somarimin:20210606123153j:plain

 

f:id:somarimin:20210606123204j:plain

 

f:id:somarimin:20210606123220j:plain

 

f:id:somarimin:20210606123238j:plain

 

f:id:somarimin:20210606123300j:plain

 

f:id:somarimin:20210606123416j:plain

去年は6月の末に紫陽花の撮影に行ったから→こちら

早く咲くやまあじさいはまったく見ることができなかった。

 

高幡山に自生しているやまあじさいも同様で

f:id:somarimin:20210606124501j:plain

去年はほぼ咲き終わりだったから

今年は自生のやまあじさいが見たくて

f:id:somarimin:20210606124546j:plain

 

高幡山にはこんな風に

ちゃんと札が付いているから

f:id:somarimin:20210606125033j:plain

どれが自生のやまあじさいか分かる。

 

これ、咲き始めだから白ではなく 

f:id:somarimin:20210606125214j:plain

 去年、咲き終わりの自生のやまあじさいも白だったから

 

高幡山の自生のやまあじさいの色はほとんど白だと思う。

f:id:somarimin:20210606125243j:plain

でも去年は

終わりだったから薄茶色に変色しているものばかりだったけど

今年は真っ白でキレイ。

 

お地蔵さんとのコラボ

f:id:somarimin:20210606125610j:plain

 

f:id:somarimin:20210606125637j:plain

 

f:id:somarimin:20210606125648j:plain

 

f:id:somarimin:20210606125701j:plain

 

f:id:somarimin:20210606125714j:plain

 

f:id:somarimin:20210606125726j:plain

 

ギザギザな自生やまあじさい

f:id:somarimin:20210606131215j:plain

 

虫付きぃ~。

f:id:somarimin:20210606132506j:plain

 

f:id:somarimin:20210606132546j:plain

 

 

その他、自生ではないあじさいも

f:id:somarimin:20210606125358j:plain

 

f:id:somarimin:20210606125502j:plain

 

f:id:somarimin:20210606125514j:plain

 

高幡不動尊の紫陽花は色々な種類があるから

f:id:somarimin:20210606124559j:plain

 

f:id:somarimin:20210606125013j:plain

 

やまあじさいの見頃が終わっても

まだまだ楽しめる。

f:id:somarimin:20210606130017j:plain

これは咲き始めの

これから色づく紫陽花たち

f:id:somarimin:20210606125924j:plain

今頃は何色になってるのかな^^。

 

 

www.takahatafudoson.or.jp

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

続よこやまの道

前回のつづき

 

大通りの鎌倉街道を通り過ぎると

 

よこやまの道は舗装された道路となる

その道路の名前は鎌倉古道

f:id:somarimin:20210530170136j:plain

 

f:id:somarimin:20210530170220j:plain

 

あぁ~、この通りね、

この通りは

緑豊かで以前から素敵だなぁ~って

思っていた通りなのよね、

f:id:somarimin:20210530170359j:plain

 

一本杉公園もあるから

ちょっと寄り道

f:id:somarimin:20210530170822j:plain

 

木々に囲まれ木漏れ日の差す中進んで行くと

f:id:somarimin:20210530170919j:plain

 

 

目の前が開け広場が

f:id:somarimin:20210530182813j:plain

 

池があり

f:id:somarimin:20210530171009j:plain

 

f:id:somarimin:20210530171023j:plain

 

 

鴨が現れた

f:id:somarimin:20210530171043j:plain

 

f:id:somarimin:20210530171054j:plain

 

f:id:somarimin:20210530171110j:plain

 

f:id:somarimin:20210530171116j:plain

 

f:id:somarimin:20210612021459j:plain

 

f:id:somarimin:20210530171122j:plain

 

f:id:somarimin:20210530171129j:plain

 

f:id:somarimin:20210530171136j:plain

 

ひとしきり鴨と戯れ

再びよこやまの道へ戻ると

 

こんな石碑を発見

f:id:somarimin:20210530171256j:plain

 

なんか工事中だった。

f:id:somarimin:20210530171546j:plain

なにか建つのかな?

 

 

f:id:somarimin:20210530171700j:plain

京都って、、、

昔だから歩きよね、、、

あたり前で今もそうだけど

道って繫がってるのねぇ(笑)

 

そしてこの先、南野古戦場を通り過ぎ

 

府中カントリークラブまでくると

f:id:somarimin:20210530172126j:plain

 

 

このゴルフ場の中には昔、道があったとか。

f:id:somarimin:20210530172536j:plain

大國魂神社って書いてあったなぁ~

 

 

って、思いながら進むと

f:id:somarimin:20210530172944j:plain

 

 

広場が

f:id:somarimin:20210530173600j:plain

 

広場の木には

実がなっていた。

f:id:somarimin:20210530173615j:plain

 

梅かと思ったけどなんか違うっぽい?

f:id:somarimin:20210530173709j:plain

 

 

何の実だろう?

f:id:somarimin:20210530173753j:plain

ど~でもイイけど

お尻みたいで可愛い(笑)

 

 

その先には歴史ポイントと

f:id:somarimin:20210530173055j:plain

 

f:id:somarimin:20210530173131j:plain

 

f:id:somarimin:20210530173152j:plain

 

 

唐木田方面を見渡せる眺望ポイント。

f:id:somarimin:20210530173933j:plain

 

 

その先、里山風情溢れる場所を横目に通り過ぎ

f:id:somarimin:20210530174428j:plain

f:id:somarimin:20210530174432j:plain

 

f:id:somarimin:20210530174445j:plain

 

f:id:somarimin:20210530174502j:plain

 

ココでも鎌倉との関係のある歴史ポイントが

f:id:somarimin:20210530174627j:plain

f:id:somarimin:20210530174518j:plain

 

 

そしてやっと最後

f:id:somarimin:20210530174732j:plain

 

展望広場

f:id:somarimin:20210530174746j:plain

 

うっすらと房総半島が見えないこともない?

f:id:somarimin:20210530174807j:plain

 

 

そして本当は最後、

右に行くと長池公園で終わりなんだけど

f:id:somarimin:20210530175111j:plain

わたしは何か

泉の広場ってどんなところ?って気になったし

こんな道の先にバス停なんかあるの?てのも気になり

f:id:somarimin:20210530175426j:plain

 

この道を選び

f:id:somarimin:20210530175620j:plain

 

まっすぐ進むことにした。

f:id:somarimin:20210530175539j:plain

 

ら、山の中の谷間みたいなトコにでた。

コレが広場?

f:id:somarimin:20210530175646j:plain

 

泉って?

f:id:somarimin:20210530175912j:plain

 

って、感じだったけど

 

のどかで多摩にもこんな風に

(って、厳密には限りなく多摩に近い町田にも)

整備されていない昔のまんまのところがあるんだぁ~って

秘密の場所を発見できたような嬉しい気分になった^^。

f:id:somarimin:20210530180235j:plain

 

f:id:somarimin:20210530180246j:plain

 

f:id:somarimin:20210530180326j:plain

 

f:id:somarimin:20210530180308j:plain

 

あ、ちなみに小山田バス停は

f:id:somarimin:20210530180340j:plain

この山越さないと行き着かない感じだったので

行くのはやめました(>▽<)

 

 ***

 

多摩よこやまの道、

開発された多摩の団地群を眺めながらのスタートでしたが、

最後はうっすらと記憶の根底にある

物心つくかつかないかの

幼い頃見たことのある気がする

多摩の原風景で

この旅が終われた事に感無量になりました。

 

f:id:somarimin:20210530181834j:plain

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

よこやまの道

古戦場巡りをしたときに

南野古戦場で目にした看板に(↓)

f:id:somarimin:20210530145518j:plain

「多摩よこやまの道」と書いてあった。

 

この多摩に住んで半世紀にもなるが

多摩市によこやまの道なるものがあったなんて初めて知った。

 

駅名で言うと、京王相模原線若葉台駅から

小田急相模原線多摩線の堀之内駅までの

尾根幹線沿いにある、

多摩ニュータウン開発時に開発せずに残した山道。

 

コレは多摩市民としては行かなきゃならん!と

GWに2日間かけて巡りました。

 

まず、スタートに選んだのは

現在地と書いてある場所から

f:id:somarimin:20210530150444j:plain

 

 

若葉台方面

f:id:somarimin:20210530150556j:plain

 

多摩市内方面をそれぞれ眺め

f:id:somarimin:20210530150730j:plain

 

 

西順路方向に向かい

f:id:somarimin:20210530150952j:plain

 

 

スタート

f:id:somarimin:20210530150811j:plain

 

 

すると少し景色が見渡せる場所へ出てくる

f:id:somarimin:20210530151438j:plain
京王相模原線若葉台方面へ向かう線路

 

 

f:id:somarimin:20210530151333j:plain

おぅ~、

分倍河原古戦場跡行ったもんねぇ~。 

こちら

 

 

f:id:somarimin:20210530151404j:plain

 

 

さくらの広場に出てきた。

f:id:somarimin:20210530151520j:plain

この木は桜、エドヒガン桜。

 

 

f:id:somarimin:20210530152112j:plain

 

f:id:somarimin:20210530152126j:plain

 

f:id:somarimin:20210530152135j:plain

ヒガン桜というだけあって、

そういえば3月の春分の日

父のお墓参りの帰り、

この前の尾根幹線道路を通った時、

桜が満開に咲いているの見た事があるわ!

来年はこの桜が満開になったら絶対写真撮ろう!

って、思いながら進むと

f:id:somarimin:20210530152234j:plain

 

 

もみじの広場に、

f:id:somarimin:20210530152316j:plain

 

f:id:somarimin:20210530152430j:plain

 

f:id:somarimin:20210530152623j:plain

 

 

新緑のもみじに混じり

f:id:somarimin:20210530152352j:plain

 

 

春なのに赤いもみじも。

f:id:somarimin:20210530152606j:plain

 

 

歴史的説明

f:id:somarimin:20210530152819j:plain

 

f:id:somarimin:20210530152910j:plain

 

f:id:somarimin:20210530152929j:plain

あ、汁守神社の記載が!

汁守神社はこうゆう神社っす→こちら

 

次は、防人(さきもり) 見返りの峠

f:id:somarimin:20210530154423j:plain

 

ここも眺望ポイント

f:id:somarimin:20210530154733j:plain

 

 

左に富士山

f:id:somarimin:20210530154613j:plain

 

 

正面にはベネッセのビルと

f:id:somarimin:20210530154948j:plain

ひとしきり景色を眺め後は

 

この道を

f:id:somarimin:20210530155146j:plain

 

 

生い茂る木々の中を更に進むと

f:id:somarimin:20210530155056j:plain

 

 

大軍勢が通った長い谷という歴史ポイントが

f:id:somarimin:20210530155429j:plain

 

f:id:somarimin:20210530155534j:plain

 

f:id:somarimin:20210530155607j:plain

 

おぅ~、

この鎌倉街道は自然の谷だったのかぁ~

f:id:somarimin:20210530155754j:plain

 

それに、

マジかっ!!

上杉謙信もこの道を通ったかもなんだぁ~、

f:id:somarimin:20210530155815j:plain

って、

予想もしない有名な名前が出てきて

なんかめっちゃ嬉しくなった(>▽<)(笑)

 

 

ところで長くなったので

次回へつづく。

 

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ